2007年04月11日

不動産鑑定士の年収を知りたい方へ

不動産鑑定士年収はいったいいくらでしょうか。


不動産鑑定士は不動産の適正な価格を判断することにおいて独占的な資格であり、不動産会社、金融機関、商社、公的機関などひろく活躍できる職業です。

それだけに不動産鑑定士年収も手堅いものがあります。
特に公的機関を取引先にできれば確実な収入が見込めることになります。

不動産鑑定士年収は会社勤めの場合と独立開業している場合とでかわってきます。400万円から1500万円程度と言われています。
独立開業した場合の平均年収は1000万円くらいのようです。

会社勤めの場合の年収は、初任給で300万円から400万円くらい、平均年収は900万円くらいという話もあります。



実際に不動産鑑定士について就職・転職情報を見てみると、年収は高額です。役割は部長級、担当者など様々ですが、年収は500万円から1200万円など高額な求人も容易に見つけることができます。


不動産鑑定士年収について、会社勤めの場合と独立開業した場合のどちらも年収1000万円は超えるようです。
とはいえ、より高い年収の可能性は独立開業の方でしょう。

不動産鑑定士の資格取得は難易度がかなり高いですが、その分の報酬・年収も待っているといえます。
posted by 不動産鑑定士の年収って at 21:09| 不動産鑑定士の年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。